【漫画】五等分の花嫁最新113 話ネタバレ&感想

前回、五人が別の部屋に分かれてフータローに来てもらうという直接的な展開だったので、1週間ドキドキしながら待っていたんですがついに来てしまいましたね。

今回はフータロー視点の話です。

1、五等分の花嫁最新113 話ネタバレ

視点はフータローに移り、男子三人での会話が始まります。

文化祭が終わってしまうさみしさに浸りながらも、会う約束をしている人がいることを話します。

前田が一花だけは見分けがつくことを話し、武田の五人の誰を最初に見分けられるようになったのかと尋ねます。

そして答えないフータローに対して、前田が文化祭が終わらないうちに告白しに行くといいます。

そしてフータローは、五人から勉強以外も捨てることはないことを教わったといい、そのおかげでこの瞬間を三人で過ごせているといいます。

そして五人の覚悟を理解し、フータローは四葉のいる保健室に行きます。

2、五等分の花嫁最新113 話感想

今回は珍しく男子会があったのでよかったですね。

何気に仲のいい三人組の感じが大好きです。

少し現実から目を背けていましたが四葉がヒロインとして選ばれた感じですね。

確かに四葉の伏線は鐘の場所が四葉にゆかりがあるとか結婚式の日がちょうど4月28日になるなど多いといわれていたので驚きは少ないですが、一花ファンだったので少なからずショックですね。

きっとしばらくは一人で悶々としていると思います。ニセコイの時みたいにね。

でも最後に前田とか武田が背中を押してくれる感じとかストーリー的にはめちゃくちゃ好きです。

僕みたいな陰キャに現実世界で体験できない失恋を体験させてくれてるのかもしれませんね。

失恋てこんな感じなんですかね(笑)

3、まとめ

悶々としながら書いているので文章が変だったかもしれませんが読んでくれてありがとうございます。

後は一人でしばらく部屋の中をうろうろしときます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました