【漫画】ワンピース最新963話ネタバレ&感想

最近はおでんの時代の回想シーンが続いているのですが、こんなシーンの中に伏線が隠れていたりするので逆に探してしまいますね。

さて今回は、イヌアラシとネコマムシが漂流してきたところからでした。

本編です。

1、ワンピース第963話ネタバレ

場面は幼いネコマムシとイヌアラシが古くから”兄弟”であるというワノ国にあこがれ、「ゾウ」を出発するも、ワノ国で捕まってしまうところから始まります。

ネコマムシとイヌアラシそしてなぜか河松が捕まっているところをおでんが通りがかり、助け出します。

そして、三人(三匹?)はそのまま城に居ついてしまいます。

その後、オロチにお金を貸し、金欠になったので、康イエのところに盗みに入ります。

康イエには捕まるのですが、おでんに仕える家臣として、立派な武士になるようにお金を渡されます。

そして三年後立派な武士となります。

その後白ひげがワノ国にたどり着き、おでんが連れて行ってもらうよう頼むところで次週に続きます。

2、ワンピース第963話感想

白ひげと互角に剣をあてていたところを見るとおでんは相当強いようですね。

さらっといっていた、”異形を恐れるは己の無知ゆえ”というセリフは人を差別しない自由な考え方が現れていてカッコいいと思いました。

”腰がそこここに落ちていたとかいなかったとか”みたいなやつが過去回想に入ってから増えてきていますがぼくはこの感じなんか好きです。

あとカッパのミンクだと思っていたのですが、魚人だったのに驚きました。

3、まとめ

若いときの白髭といい、”伝説”が若いときの話を見ていると、別の話を見ている気になりますね。

ここからどうなるのかほかの海賊は出てくるのか次週が楽しみですね。

ワンピースはU-NEXTというところで無料で読めるのでぜひ一度確認してください。

アニメの最新作品から名作まで充実のラインナップ!U-NEXT

コメント

タイトルとURLをコピーしました