【漫画】五等分の花嫁最新110 話ネタバレ&感想

前回は五月が実の父親と出会うところで終わっていました。

五月の夢に対して否定的だった彼の登場でストーリーはどうなっていくのかということで110話です。

1、五等分の花嫁110話ネタバレ

実の父親と再会した五月ですが、五月は母親と自分たちを捨てたことがあるので今更だといいます。

しかし、父親は今からでも自分にできることはあるはずだといい、教師になる夢はふさわしくないといいます。

五つ子の実の父親と出会い五月に何か言ったことを知ったフータローは五月のところへ向かいます。

五月は自宅で母親を目指すことが間違っているのかについて悩みながらも迷いを打ち消すべく勉強していました。

そんな五月に対してフータローは母を目指して夢を追うのと夢を目指して母を追うのでは大きく違い、それを理解できているのなら親にあこがれ志すことは間違いではないといいます。

フータローの意見を受けて五月は勉強し、母のような教師になることを心に決め、実の父親に会いに行くことを決意します。

2、 五等分の花嫁110話感想

実の父親という新キャラが出てきてどうなる事かとおもったのですが、五月が無事迷いが晴れたみたいでよかったです。

二話ずつだったので今回も二話めで終わるかと思ったのですが三話目まで続きそうですね。

これは次回から全員に焦点をあてる感じに戻るのかまだ五月回が続くのかはわかりませんが、楽しみです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました