五等分の花嫁第102話あらすじ・感想

最近はあまりマガジンの記事は書いてなかったのですが、今回は一花回だったということで感想を書かせていただきます。

本当にひさしぶりの一花回だった気がするので滅茶苦茶テンションがあがっていますがしばしお付き合いください。

1.五等分の花嫁第102話あらすじ

前回から一花視点の学園祭ストーリーは始まっていて、1日目「お前たち五人が好きだ」と五人に伝えたフータローに一花は誰を選ぶのか尋ねますが、フータローの答えは「誰も選ばない」というものだったところまで進んでいます。

今回は学園祭二日目で、一花と二乃以外の誰かが倒れて病院にいったところから始まります。

そして仕事を終えていた二人は花火大会があった場所などを通ってかえります。そこで一花はフータローに自分の気持ちに素直に四人の中からだれかを選ぶように促します。

そんな中フータローは鐘の下でキスした相手として”五人の中の誰か”だといい一花も候補であることを主張します。

そしてそのあとキスをし、自分が演技でも男とはキスしてないことを明かします。

さいごにはこの気持ちはまだしばらく静まりそうにないやというところで次週に続きます。

2、五等分の花嫁第102話感想

僕が一花ファンということもあって今回は書かせてもらったのですが、個人的にはキスの後の”どう?私だった?”でダメージを食らった後次のページの見開きの”嬉しかった?”で完全にやられましたね。

今回の話で一線を退いた感じだった一花をフータローが候補であることを再認識させてくれるような話だったのでかなり良かったと思います。

このまま一花回が続けばいいのですが一区切りしたみたいですし、倒れた姉妹も気になるので話が進むのも致し方ないですね。

次週を楽しみに待ちたいです。

3、まとめ

今回は一花回のなかでもトップクラスに一花の魅力が感じられた回だったんじゃないですかね。

これで一花ファンがさらに増えることを祈っています(笑)

これからも五等分の花嫁からめがはなせませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました